しろいもふもふにっき

FF14を全力でプレイする例の白いやつの不定期日記

名言と青空

広告

f:id:syringe05:20170602021753p:plain
雲のむこうはいつも青空という名言のイメージで撮った写真です。
聖アダマ・ランダマ教会は室内が暗めで教会内から出ていくときに暗い→明るいという風になります。なので教会の中に来たときはすっきりとしない気持ちだったけれど教会をあとにするときはすこし明るい気持ちになっているという外と室内の明暗と心の中の明暗を重ねて表現できるようにと考えてみました。

私はこの名言がとても好きです。
なぜ好きなの?って聞かれても少し難しいですが…響きが良いからかな

エオルゼアで写真を撮っているといろいろ気がつくことがあります。
この建物ってある時間になると光が差し込んでとってもきれいだとか、クルザス西部高地っていつも雪や曇りばかりだけれど晴れるとどの地域よりも美しいとかずっと急いでプレイしていたら気がつかないのかもしれません。
あと15日くらいきっと暇でぼんやりした日々が続くかもしれません。ですがこのぼんやりした時期ももう少しで終わってしまいます。そうしたらきっとまた急ぎ足で過ごすことになりそうですね。

昨日は…

f:id:syringe05:20170602030041p:plain
お友達がかわいらしいアウラに幻想していたのでそっと見に行きました。
会った時に「お兄ちゃん」と呼ばれた時は少しドキッとしましたが角の形や尻尾の形が似ているし肌の色も近くて「確かにどことなく似ている!!」と心の中で思っていました。


f:id:syringe05:20170602025720p:plain
そのあとお友達のバケツ釣りを見に行きました。
自分で釣ってるとなかなか釣れない!!!!ってなるのにほかの人の釣りを見ているのはとても楽しいなと思いました。この後お友達が何人か来てくれたのですが嬉しくて跳ねていたら写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていました。

 

f:id:syringe05:20170602025733p:plain
前の写真の後晴れたクルザス西部で景色を眺めていました。
私は晴れのクルザス西部がとても好きです。
水色白灰色ばかりの景色がすごくシンプルで美しいなと思います。

 

f:id:syringe05:20170602025752p:plain
むこうで1人だけで戦っているだけで決して取り残されている訳ではありません。ボスの攻撃で大きな炎が上がる3層の写真です。
昨日はクロちゃんの手帳が終わった後お友達や知り合いと零式3層に行ってきました。前よりも少しだけ緊張しにくくなりましたが未だに少しあたふたしてしまう層です。けれど状況に応じてなにを先に使うか考えたりするのが楽しい層でもあったと思います。4.0からは詩人のキャストがなくなって動きながら打ててしまうからそういうのも少し少なくなってしまうのかなと少し残念だったりします。でも4.0からもきっと新しい詩人の楽しみはすぐに見つかるんだろうなと思っています。

今日は律動4層とすっかり忘れていたクラフターのクエストをやる予定です。
4.0の準備は万端だとか思っていたけれどもしかするとまだ忘れていることがあるもかもしれませんね…

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.