しろいもふもふにっき

FF14を全力でプレイする例の白いやつの不定期日記

僕はもすもす【モスモスのお話】

f:id:syringe05:20170903154949p:plain
僕はもすもす。
ふわふわした緑の苔の塊かもしれない…

f:id:syringe05:20170903154950p:plain
いつもはギラバニア辺境地帯の林の中の川住んでいるんだ。
でもいろいろあって…

 

 

 

f:id:syringe05:20170903154952p:plain
今はこんな姿…
そしてとてもこわくて…
とてもぱさぱさ…

f:id:syringe05:20170903154954p:plain
くまさんにおそわれてこんなことになってしまって急いで逃げてきたんだけれど…

 

f:id:syringe05:20170903154956p:plain
「いったいここはどこだろう…」


乾いた風に吹かれながら必死で水を探していると…
f:id:syringe05:20170903154958p:plain
突然、水がうえからふってきました。

f:id:syringe05:20170903154959p:plain
すこしするとモスモスの体は水を吸ってすっかりまんまるに戻っていました。
でもふってきた水はなくなってしまっていて水はどこから来たのかと不思議に思っていると急に人間の声がしました。

f:id:syringe05:20170903155001p:plain
「くさったりんごの芯が落ちているのかと思ったらモスモスだったよ~」

そういってモスモスをどこかに連れていくようです。

f:id:syringe05:20170903155002p:plain
連れていかれたのはラールガーズリーチ。
モスモスはたくさんの水の音に少し安心しました。

f:id:syringe05:20170903155004p:plain
そして、すこし木陰の水に近い場所に行くと人間はモスモスをそっと持ち…

 

 

f:id:syringe05:20170903155005p:plain
植木鉢にすぽっと入れました。

 

f:id:syringe05:20170903155007p:plain
モスモスは慌てて動こうとしましたが足が届かずわたわたしています。

 


f:id:syringe05:20170903155008p:plain
その様子を見た人間は優しい声で
「おいしい水は毎日あげるから少しの間じっとしていてね。」
と言いました。

f:id:syringe05:20170903155010p:plain
モスモスは動くこともできないのでおいしいお水を毎日もらいながら静かに待っていました。

 

f:id:syringe05:20170903155011p:plain
そして、数日後のある日不思議なことが起きました。
とてもまぶしくていつもよりなんだか大きく成長したような感じがしました。

 

f:id:syringe05:20170903155014p:plain
あれ?

 

〇後日のお話

f:id:syringe05:20170903155017p:plain
元モスモスはいつの間にかラールガーズリーチのマスコットになっていました。
今は助けてくれた人間の後をついてまわるのがとても楽しいようです。

f:id:syringe05:20170903155019p:plain
おしまい。

 

〇あとがき

がんばった(小学生感)
モスモスがコロポックルの子供の姿だったらいいなという気持ちで描きました。
ギラバニア辺境地帯ってなんだか栄養なさそうなイメージがあるので子供の姿で成長が止まっていて、ラールガーズリーチにきておいしい水を飲んで成長したらかわいいだろうなって…

前のトンベリの話と比較するとすごくうーーーーんって感じがしますがかきたかったものをかくことができて割と満足です。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.