読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろいもふもふにっき

FF14を全力でプレイする例の白いやつの不定期日記

白魔から詩人になってアレキ天動編に挑戦して

 

 


律動編まで白魔で天動編から詩人になった人のお話です。
※結構暴露的な話になります

●詩人をはじめた理由
簡単に言うと詩人が「楽しそうだったから」ってだけで詩人をレベル60にしました。
それだけです 完全にそれだけ

詳しく説明するととある方に長期間律動4層を手伝ってもらったことがありました。
その時VCなどを使って一緒にやっていたのですがその様子がものすごく楽しそう(今まで見たことないレベル)で少し白魔につかれていた私にはものすごくキラキラして見えてました…そこから詩人ってものすごく楽しい職なのかもって思ってあらかじめ50まで上げてあった詩人を一気に60にしました。 

●イクシオン鯖からアレキ鯖へ
詩人が楽しくて仕方なくて毎日のようにマハやノーマルアレキや蛮神で練習していたある日、鯖移動して天動編に挑戦してみない?という話が舞い込んできました。正直なところ3年近くFF14してきた中で一番驚いた話でした。私は少し悩みましたが2つの理由でOKしました。

1つ目は、詩人として進んでいきたいと思ったから。
2つ目は、イクシオンに少し閉塞感を感じていたから。

邂逅のころからずっと続けてきた白魔を捨てて詩人になっての鯖移動はものすごく勇気がいることでしたが、それ以上にイクシオン鯖の中しか見ずにずーっと白魔として変化を求めずに過ごしていくのはものすごく退屈だと思ったからです…突然の移動になったのでもしかしたらイクシオンのフレさんを驚かせてしまったかもしれません。ですがとにかく私は新しいことをはじめてみたかったのです。イクシオンを出るときにもらったもの(ココア、オムレツ、ケーキ、ごはん、お菓子、バラ、ガーネット、ダイヤモンドなど)やお手紙はきちんと残して今でもくじけそうなときやくるしくなったときにながめています。

●移動した後に
ここからは技術的な面での苦悩が待っていました。
今ではある程度DPSは安定しましたが最初は本当にひどかった…完全に私の知識不足でした… DPSが出なくて出なくて本当に悩みました。そしてDPSが出ない→慌てる→ミスするのループにものすごく悩まされ「DPSは数字で見られる世界なのでそれが出なければ私がいる意味はない」と思って必死で木人をたたきました。一番長くたたいていた時で10時間試行錯誤を繰り返していました…でもその代わり毎日少しずつ良くなっていくのを実感していたりしました。

●天動編をクリアして
 クリアして最初に思ったのは勇気を出してアレキ鯖で新しい固定に入ってよかった!!ってことです。前にいた固定は2年近くずっと続いてきた固定でそれが解散になってしまってこれからは零式なんていかないぞって思っていました。そんな時に鯖移動の話を持ってきてくれたのも最初は「えっ!?!?急すぎない!?」って思ってたけど決断して良い結果になって本当によかったと思います。新しい固定の方はみんな優しくて競争心くすぐられる火力やたくさんの技術を持っていてとても驚いたし、いつか私もいろんな人が驚くようなDPS出したり技術を身につけてみたいなって思いました。

●これからの目標(拡張までの間の)
・適度にスキル回しの見直しとか練習する。
毎週アレキの日にとったログを1週間見直して次ここ直そうとかあれに気をつけようとはやっているのですが、停滞中なのかあんまり伸びないので…画期的なものを考えたい!
・アレキでまだフレが少ないのでイベントにできるだけ参加して少しでもお友達を作ること!
(でも本人はものすごく緊張しやすいので声などはかけられない模様…)
・イクシオンのサブキャラを早めに育てて安定させること!
・鳥をすべて集めること(あと3匹!)
・拡張までにLハウスを買うことかな(まだ100万しかないけど…)

●最後に
これからもいろいろあるかもしれないけれどできたらめげずに頑張っていきたいなって思います。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.