しろいもふもふにっき

FF14を全力でプレイする例の白いやつの不定期日記

キャラの設定まとめることにしました!

広告

誰得情報ですが絵をかくときやお話作りたいときうまく想像できるようにまとめました!
結構前に考えたものなので公式の設定とはかなり違いあるとは思いますが…
一応公開しておきます…!

 


●名前について(の設定)​
名前:部族名などは特にないが、特徴的な名前を持つ部族で好きなことや好きな言葉や生きがいなどを名前の先頭と最後につけることで意思を表現する部族だそうだ。
例:(好きなこと)・(名前)・(好きなこと)
また短期間で名前を変えることも多く呼び方で混乱しないように中央に挟まれている名前は変えないようだ。
中央の名前は寒い地方に住んでいる部族のためか暖かいものに関する名前が多くこのキャラクターはモフモフスキーとなっている。
●部族について
寒い地方に住んでいる部族でレンには珍しく移動しながら生活する部族です。髪や肌や目の色ともに白い者が多く雪のなか隠れるように生活する。またこの部族は目もしくは耳の悪いものが多く、目悪くなるのは雪から反射する太陽光が原因、耳が悪くなるのは寒さが原因と言われていて目が悪いものと耳が悪いものがペアになって狩りを行う。
狩りに使う道具は遠距離からのものが多く弓や氷に関する魔法などが得意。獲物を囲み遠くから弓や魔法などで狙い弱らせてから近くに行ってとどめを刺すというのが主な狩りの手順である。
●生活、衣服など
生活:すぐに移動できる大きなゲル式の住居の中に住んでおり住居の中にみっちり納まることで暖をとったりする。食事は肉中心の生活。狩りは男女関係なく若い者が中心に行い家事は狩りに行けなくなった者が行う。
衣服:毛皮などでできたコートに大きなフードがついている中には装飾のために鹿のような角がついている物もある。服には小さく目立たない刺繍がしてあり名前や花、動物、山、などが茶色や暗い赤や緑の糸でかかれている また肩の部分には初めて仕留めた獲物の毛皮が縫い付けられており目が悪い者でも耳の悪い者でもすぐに狩りの経験があるか分かる仕組みになっている。また目の悪いものの服には目隠しが、耳の悪い者の服には耳当てがついている。
●このキャラクターがウルダハに来るまで
寒い気候や風習などが嫌になり、こっそり部族から抜け出してきたようだ…
山を下り森を抜ける途中、敵と勘違いされ追いかけまわされ高い場所から転落し頭を打ってしまう。そしてぼろぼろになって転がっているところを通りがかったミコッテ男性に助けられ服や少しのお金をもらいウルダハまで送り届けられる。

PC用ですがこちらにも書いておきました 

(実はサイトに書いてある「ウルダハに来る前に頭を強く打ったせいか自分は空に住んでいたと言い張る。」の文章って頭打ったのとあんまり関係なくて「自分山の少し高めのところに住んでたんですよ~」を「空に住んでた」ってあらわしてるだけだったりもする)

あと信仰する神様についてもまとめてあるけどなんかこううまく表せないからあとでにするよ…!
ファンタジーではなくどちらかというと実際の部族とかのを参考にしてるからちょっと変なところあるかも… 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.